ここからはたまにやりますよ。
03 * 2017/04 * 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/26
夜行観覧者というドラマを見ました。
湊かなえの原作ということでちょっと見てみようかな?っといわゆる連ドラってやつをコツコツ見ていました。

なんならタイムリーに原作を買って週ごとにストーリーが進む速度で読みながら見てみよう作戦を遂行してました。



湊かなえは「告白」がインパクト大だったので読みたい作家の一人でした。

映画も見たけどまあそれなりに原作な感じでしたね。


しかし!

やっぱ連ドラです!

尺が半端ないです。

11週分、10時間分くらいの映像にするんだからそりゃあ枝葉がいっぱい必要なんだなあ。

文庫本であとがきを書いていた人がドラマの脚本を書いてたみたいですが、すげえわ!

よくできてたなあ。

原作はぶっちゃけよくわかんなかったのよ。

犯人はすっかり判ってる上での進行。

結末は、はいそうですねって感じ。

ドラマは枝葉に枝葉がついて原作には登場しない人物が割と主要キャストになってたり。

よく考えるなあ。

スロウロリスの曲で「Room No666」「トカレフ」「スナイプジニー」という三部作を作った時に枝葉をいっぱい考えたのを思い出した。

詩を書く上で人物設定や状況設定が広ければ広いほど楽に書けるんだな。


ま、でも物語だもんなぁ~辻褄合わせもたいへんだろうなぁ。

っと感心しましたとさ。


詩を書いてみよう!
この記事へのコメント

同じく。
 
録画したものを一気に観ました。
原作からというか作家さんのイメージからというか、後味がそれなりと思っておりましたが、予想以上に…。

が、TAKIさまが詩をお書きになるとは☆
お披露目の時を楽しみにしております♪

-追伸-
記事タイトル、観覧者→観覧車、ですね!
CHR [URL] 2013/03/26(火) 21:38 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 瀧ノ部屋.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。