ここからはたまにやりますよ。
08 * 2017/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/19
大絶賛!
デヴィッドボウイとの出会いはレッツダンスでした。

初めて買った・・・ではなく3枚目くらいだったかと、しかもカセットテープっていう・・・。

平成人には分かんないだろうな、カセットテープ。

カセットテープにアルバム音源が入ってジャケもついて売ってたんだぜ!

いまも箪笥の奥底に眠っているでしょう、さだまさしの隣で。


そんなこんなで、「THE NEXT DAY」

各方面で絶賛の嵐ですがな。

そりゃそうだすばらしいもん。

ちょっと天野JACKな僕としては「HEROS」や「スケアリーモンスターズ」あたりの焼き直しじゃね?

と、ちょっとだけフリーク気取りでブログ書いちゃおかな?なんてバカな妄想をしていましたが・・・・・。


クリビツテンギョウですわ。


あの人、いえ、あのお方66歳になられてたんですなあ。

やってることはボウイそのままなんだけど、新しいんだわ。

なんか新しんだわ。



これは幻想か?



やっぱあの人、いえ、あのお方は火星人?


ぶっちゃけ、2000年あたりのアルバムは殆ど興味がなく、あ、出してたのねってくらいでしたよ。

一時はジギースターダストのアルバムジャケットを神棚代わりにして毎日拝んでいましたっけ。

レッツダンスに至っては中坊の僕がなんだか意味も分からずかっこいいじゃん!とベストヒットUSAを見た次の日に町に一件しかなかったレコート屋さんへ走ったっけ。

5年後になってギターを弾いてるのはスティーヴィーレイボォーンだと知り驚愕!

テープちぎれるくらい聴いたもんなあ。

彼、いやあの御仁はちゃんと楽器ができるんだ。

その辺のミュージシャンより上手なんだわ。

でも人前ではあまり披露しない、そこがなんともこう歯がゆいというかなんちゅか本中華。

楽器がわかってるから起用するミュージシャンも本物揃いなんだねー。

   

嗚呼、奴、いえ、御仁体に何度助けられたことか。



今回もラジオで突然「Where are we now」が流れて誰だかわからず「あー、こういう感じ、やりたいなあ」と希望を胸に携えてたらボウイだったんでこれまたクリビツ!

人生の中で驚きと感動を何度も何度も与えてくれる。

有難うございます。

CD摩耗して無くなるまで聴かせてもらいます。
この記事へのコメント

同じく。

ヘビロテです。
良すぎて言葉にならないというか。
長年待ったという想いもあるのかもしれませんが。
おかげでジギーもまた新鮮に聴こえてきます。
CHR [URL] 2013/03/22(金) 10:31 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 瀧ノ部屋.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。