ここからはたまにやりますよ。
08 * 2017/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/29
感無量です。
開演15分前、会場に入る。

ドリンクの長い列に並んでいたところ、TYOのヒーセさんとオカヒロさんにでくわす。

ビアーをゲットした時点でO.AのMGMTがスタート。

前の扉からホールへ。

こういうのがカレッジサウンドってのか、ちょいと予習していたけど一言で言うと「平坦」なんだな。

サポートのギター&鍵盤の人が人形に弾かせていたのが印象的だった。

30分くらいで終了、セットチェンジにはいる。

O.Aが終わった時点でみんな前へ詰め始めた。

流れに任せて前へ。

ジョンジーとの距離は10mってところ。

高給取りそうなローディーたちが無駄のない動きで次々とセッティングしていく。

ジョシュのギターだ!何回もようつべでみた妙なギター。

アンプも結局なんだか解らず、妙なアンプたち。

ジョンジーのマイクがセットされた。

ローディーがおもむろにメジャーで床からの距離を測る。

マイクの位置に神経質なのか?

あんなことするのは美空ひばりかマッド大内くらいだ。

ほぼすべて完了したのにアランのバイオリンベースをしきりにチューニングしていた。

やはり一曲目はあれか?

BGMがFOする。

あらわれた!









120分のステージはあっという間に終わってしまった。

途中、前の前にいたデカイ兄ちゃんの横揺れにイライラしたり(踊ってるんだろうけどすごい揺れ幅で、僕にしてみればジョンジー見えたージョシュ見えたジョンジー見えたージョシュ見えたーが一拍づつ繰り返され、あ”ーこらーって感じ)口臭のヒドイ方も近くに居られたみたいだし8割くらい男性客なので男臭さにも辟易したり。

そんなこんなに耐えながら手元までバッチリ見ちゃった。

一番感動したのはデーヴです。

あの人は神様か?

フレッシュポットか?

大満足のライヴでした!


この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 瀧ノ部屋.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。