ここからはたまにやりますよ。
06 * 2017/07 * 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/15
その3
いやはや、ちょっと気を抜くとあっちゅうまに日々は流れる!

それではいってみよっ!

「地元のツレなんだけどさあ、面白いと思うんだよねえ。」

そう言ってMADが連れてきた男がハガイサムである。

でかい!

ただでさえMADもでかいなあ、という印象だったのにこれまた輪をかけてデカい!

これじゃあ俺がちゃいちいに見えちゃうじゃん!いやだいやだ!

と言ったとか言わないとか。

んなことは言いませんよ、むしろ、なんだかステージのシルエットがニルヴァーナっぽいではないか!

そう、まさにクリスとカート!そしてMADはそれこそデイヴ!

BAMBINOというバンドがニルヴァーナを意識していたかどうかというと、そりゃしてなかってと言えばウソになりますが、全面的にそっち方向ではなかったんだなこれが。

当時、90年代も後期なるとグランジも飽和状態になりROCK自体が混沌としていました。

MAD自体はこのバンドでPOPなものをやりたがっていたし、元来ひねくれ物の俺が曲を書いていたし、そりゃ方向も定まらないですわね。

でも、

三人で音出してると気持ちいいんだよね、これが。

それだけでよかったんだわね。

動員とかセールスとかっていうことはどうでもいいことで、この初期衝動が一番大事なことなんだよね。

かくしてそれまであまりバンド経験がなかったハガイサムが加わりBAMBINOはスタートすることになるのでした!

そして、俺といえば。

もちろんRUDE MODEも継続して活動していたので、2バンド掛け持ちという俺的前代未聞のハードな日々を過ごすようになるのでした!


なるはやでつづく!
この記事へのコメント

ヽ(^o^)丿
つづきキター。なるはや期待v-392
ののちゃ [URL] 2015/07/15(水) 17:13 [EDIT]

おもろい

芥川賞
ジン [URL] 2015/07/17(金) 20:01 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 瀧ノ部屋.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。