ここからはたまにやりますよ。
05 * 2017/06 * 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/24
その2
かくして、ともかくスタジオで音出そうってことで三人で入りました。

ドラムMAD 歌ギター私 ベース某(元KR)

それまでほとんどRUDE MODE以外の人と音出してなかったから新鮮な感覚でした。

ルーモーはまずスタジオはいったらジャムセッション(特にコード進行やリズムを決めずになんとなく誰かが弾いてるリフレインにみんなで乗っかっていく)を延々15分くらい回すのが常でした。

そこから曲が生まれることもあるし、生まれないこともある。

なんちゅうか音で「昨日何してた?」とか「昼飯なに食った?」とか「その靴どこで買った?」とか「お前鼻毛出てるぞ」とか云々会話するっちゅうか。

まあ、そんなかっこいいもんじゃないけどウオーミングアップみたいなもんですわな。

んでこのセッション。

一応、課題曲みたいなのがあったかな、パワーポップ的な数曲。

セッティングしてバランスとれたらリフを弾き始めたんですがドラムは乗っかってくるけどベースは休憩し始めた。

「じゃあ曲やってみよっか!」と課題曲。

まあそれなりに数曲やってまたリフを弾きはじめるとまたベースが乗ってこない。

(OVER/UNDERの原型がここにあったかどうかは定かでない)

おいおいあんたあのバンドの人だろ?何回かテレビでも見たことあるぞ!

なんとも言い難い感じではあったのですが最後に僕が弾き始めたのは「Don't let me down」

後にMAD曰く、「お前があそこであの曲を始めたのでわかったよ」

かくしてベース探しの方向にシフトチェンジするのであった!

つづく。
この記事へのコメント

つづき♪ つづき♪
momo [URL] 2015/07/07(火) 22:46 [EDIT]

つづき
ここにも待ってる人いますよv-291
ののちゃ [URL] 2015/07/14(火) 10:08 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 瀧ノ部屋.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。