ここからはたまにやりますよ。
04 * 2015/05 * 06
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/25
川越という街。
前々から一度行ってみたかった街がある。

小江戸川越であーる。

ってなわけで、行ってきました!川越。

こじんまりと風情の漂ういい街でしたよ!

いわゆる蔵造りの街並みってところ、案外でっかいマンションがすぐ裏手にどーーーーん!と建っていてちと残念な景観ではありましたがこれも新旧共存ってやつでしょうか。

蔵造資料館って所に入ったら実家に戻ったような錯覚に陥りました。

駄菓子屋横丁をCOEDOビール片手にぷらりぷらり。

これがしたかったんだよねぇ~。

またぷらりと行きますね~!
スポンサーサイト
05/22
最近ふと思ったこと。
こないだ、ザーザズーのスタッフが卒業するって事でFEN感謝祭ならぬ「MAP感謝祭」ってのがあった。

まあ、なんのこっちゃないカラオケ大会みたいなもんだったけど、みんな結構マジ!

衣装から唄い方から寄せてきてる輩だらけだった。

俺の担当はビーズのウルトラソウル。

ぶっちゃけ、ビーズは好きじゃないし聞いたこともうたったこともない。

あのボーカルのフニャ~っとした唄い方、あの辺をなんとなくやったらそれなりになるだろうと、特に練習も何もせず当日を迎えたわけだ。

一応、ジーパンをたくし上げて短パンです!を主張して勘弁してもらい、いざ歌いだした。

・・・・・・・・。

やっぱだーめだわー!

唄いながら(だめだこりゃ!だっふんだ!)と思いつつまあ何とか歌い切りました、ま、時々似てなくもないかも知れなくもないんじゃない?と思いつつ。

終わってからあるお客さんとしゃべってると。

「いや~俺ぜんぜんにてなかったよねぇー。」

「そんなことないですよー、でも、瀧さんは何唄ってもたきさんだよねぇー。」



ここでふと思った。



芸事の基礎は全て模写である!

と思う!

楽器を始めたとき、あの曲のあの音が出したい!

唄い始めたときあの人のように歌いたい!

モチベーションはすべてそこにあるわけでしょ。

俺達にだけしか出せない音を出すぞ!

とか、

今まで誰も書いたことのないような曲を作る!

とか、



無いと思うんだよねー。

誰かっぽいね、とか、どっかで聞いたことある、とか。

最高の褒め言葉だと思うんですわ。

今までぶっちゃけカバーナイトなりなんなり色んな人のカバーをやってきたけど、結構自信持ってやってたのよね。

ものまねタレント目指しちゃおっかなあ?とも1mmくらい思ったこともあった。


しかーし!

駄菓子菓子!


「瀧さんは何唄っても瀧さんだよねー。」

このご意見、どう受け止めればよいのでしょーか?
05/08
なんだか怒涛のGWだった。
土曜日、ソングラインズでライヴ。

この日は清志郎先生の命日って事で、渋公では盛大に色んな人達がやってるちょうど裏でこっそり薫とRC特集。

「ヒッピーに捧ぐ」は何回唄っても泣いちゃうんだなこれが。

で、月曜は埼玉県のとあるお祭りでスターダストレヴューを観る。

スタレビをタダで観られるなんてラッキー!と思ってたんだけど「木蘭の涙」でまたまた涙。

火曜日は子供バンド!

ロケンロー!

んでもって水曜日は気が重かったQueでのトークやら弾き語りやらのイベント。

なにせこの日の出演者がウエケンさんだったりソウルフラワーの奥野さんだったりフラカンのグレートさんだったりドミンゴスの一休さんだったり、唯一知ってるのがグリップのごんちゃんなのでアウェー感半端ないっての!

まあ、歌本チックなのは少々自信があったのでそれなりにやっつけましたよ!

そういやあステージに上がった時にステージドリンクを渡されたんだけどコップに入った濃~い何か。水代わりにごくごくとはいかないもののちびちびやってたんだけど。

泡盛って予備知識なしに渡されるとなんだかわからないんだな。

途中からなんか酔っぱらうなあと思ったもんだ。

そりゃそうだ。

でも意外と次の日は大丈夫だった。

そんなごった煮の今年のGWでした!

あ~たのしかったぁ!
Copyright © 2005 瀧ノ部屋.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。